ようこそ Triterpenoid.com へ
注目の成分 トリテルペノイド TPPブログへ

台湾の原生林で発見された
固有種
和名:牛樟芝・ベニクスノキタケに多く含まれている独特な成分。
いまでは研究も進み、色んな事が分かってきている。


<栽培技術>
液体発酵法
固体培養法
原木栽培法
野生のベニクスノキウタケ

Triterpenoids(トリテルペノイド)って?
トリテルペン(triterpene)とも言う。
6個のイソプレン単位からなるC30のイソプレノイド
遊離またはエステル(ろう)、もしくは配糖体として植物界に広く分布する。
多くは多環性で、五環性、あるいはステロイド型の四環性の炭素骨格を持ち、スクアレンから生合成される。
リーベルマン・ブルヒァード反応によって存在が確認される。
C15のファルネシル二リン酸(FPP)の2量化で生成するスクワレンを共通の前駆体として生合成されるC30のイソプレノイド

Triterpenoids(トリテルペノイド)って?


トリテルペノイド:五炭素化合物。
主な健康食品に含有されております。
下記商品は、アントロキノノール含有商品です。
EASLE 紅敏風・大粒(アントロキノノール含有多 サプリメント)牛樟芝由来
EASLE 紅敏風・大粒(アントロキノノール含有多 サプリメント)牛樟芝由来
EASLE 紅敏風・小粒(アントロキノノール含有多 サプリメント)牛樟芝由来
EASLE 紅敏風・小粒(アントロキノノール含有多 サプリメント)牛樟芝由来
リバティ(牛樟芝由来)アントロキノノール含有少
リバティ・Liverty(アントロキノノール含有少 サプリメント)牛樟芝由来
※Goldenbiotechは独自の技術「固体培養」によりベニクスノキタケの量産に成功。ゴールデンバイオテックジャパン